吹き付け塗装工事|静岡の塗装・外壁塗装・屋根塗装ならナナコペイント

事業内容 施行前・施行後

モルタル下地の上にセメントリシンやアクリルリシンをスプレーガンで薄く吹き付ける方法です。
本来は大理石などの細かい砕石を混ぜたモルタルを塗って、完全に硬化する前の状態のときに、クシ状の金具やブラシで引っ掻いて、表面を粗く仕上げる工法ですが、最近はほとんどが前者の方法を言います。
コストも安く、メンテナンスもしやすいがモルタル吹き付け仕上げの長所です。 この工法で特に重要なのが下地の仕上げ方です。
クラックの原因はモルタルの収縮もあるのですが、ラス網の開口部周りなどの補強方法が問題になると思います。
つまり、現場施工ですので、施工精度が重要になるのです。 クラックなど症状がはっきりわかりますので、ごまかしにくいという意味では、施主にとってよいかもしれません。
弊社では、ご満足のいただける施工を心掛けております。

お問い合わせはこちら
塗装のトップへ

静岡の塗装・外壁塗装・屋根塗装 | Copyright (c) nanacopaint.All Right Reserved.