各種防水工事|静岡の塗装・外壁塗装・屋根塗装ならナナコペイント

各種防水工事

防水施工例No.01(ベランダ)※画像をクリックするとより大きい画像でご覧になれます。

防水の種類

FRP防水

シーリング

FRP防水は防水工事の中でも軽量で頑丈な防水層を形成します。
ガラス繊維にポリエステル樹脂をしみこませていき、繊維と樹脂が一体化となり強力な防水膜をつくります。
屋上などで真夏に強い紫外線にさらされたり、冬場の低温や真夏の高温にも十分に対応できます。

シート防水

シーリング

伸縮性に富んだシートを使用するので、建物の収縮に追従する優れた防水材料といえます。
防水材がシートの形状のために、つなぎ目が重なる部分が生じます。
また、下地の平滑さが必要とされます。
劣化が激しいとシート全体を張り替えることになり思わぬ経費がかかったりする場合もあるのでメンテナンスには気をつけましょう。

塗膜防水

シーリング

複雑な形状でも簡単に施工でき、シート防水に比べつなぎ目の無いシームレスな塗膜で美観に優れるなどの特徴があります。
改修時に建物の傷み具合や利用方法に合わせて、最適な防水層を作ることができ改修工事用として需要が多い防水工法です。



塗装のトップへ

防水の耐久性

建物の外壁や屋根は、風雨に長年さらされています。 一般的に、外壁や屋根は10〜12年で塗り替えの時期といわれています。実際には、「クラック」や「はがれ」がでてきたら修繕の時期といえるでしょう。

クラックがあるということは、すでに雨水が建物内部に侵入している可能性が考えられます。もし雨水の浸入が原因で腐食が始まってしまうと、外科的な修繕では役に立たず、大規模な内科的修繕が必要になってしまいます。

近年の集中豪雨や日照りなどの異常気象も、建物の老朽化に拍車をかけていることは間違いありません。多額の修繕費用がかからないよう、建物外部の変化に気を配ることをおすすめします。

大切なビルを雨水の侵食から守るには、早期発見が大切。日常からビル外部のチェックをしましょう。建物のあちこちに劣化のサインが発見できるかもしれません。 お客様ご自身でチェックしていただけるよう、劣化サインを以下にまとめてみました。これらのサインが認められたら、防水工事の検討をお考えになったほうがいいかもしれません。

・屋上表面が泥や砂で見えない
・クラックやはがれがある
・目地にひびが入ってる
・目地にコケや草が生えてる
・水たまりがある
・ドレン(排水口)にゴミが詰まってる
・外壁を手でこすると白い粉がつく
・ビル外部の鉄階段などの鉄部に、さびや穴が確認できる

塗装のトップへ

防水の耐久性

防水工事は何故必要なんですか?

防水工事は、雨や風、太陽熱、紫外線といった自然の中からあなたの大切な住まいを守る大事な役目をしています。 特に「防水工事」は、建物の寿命に直接関わる大切なメンテナンスの一つです。 新築してから5、6年経過したら年に1度は屋根・屋上・外壁、窓や取り合い部分のシーリング部などをチェックしましょう。

クラック処理は可能?

クラック処理自体は可能です、ただし補修箇所が目立つことがあります。

下地処理とはなんですか?

下地処理とは、防水工事の前に行う下処理のことで、不良箇所の直しやモルタル塗り等のことです。下地をきれいにすることにより、防水自体の美観や保証書を、提出できるようになります。

お問い合わせはこちら
塗装のトップへ

静岡の塗装・外壁塗装・屋根塗装 | Copyright (c) nanacopaint.All Right Reserved.